ドストエフスキー、衝撃のドラマ

原作は1873年に出版され「罪と罰」「白痴」「未成年」「カラマーゾフの兄弟」と並ぶドストエフスキーの五大小説とされる大作。ニコライとビョートルの対照的な2人の若者が、平穏だった地方都市をやがて混乱の渦に巻き込んでいくサスペンス巨編。圧倒的なクオリティでドストエフスキーのの世界を見事に再現し、放送されるやいなやロシア国内をはじめ海外で高い評価を受けた。原作の愛読者も納得、「見事なドラマ化!」と称賛の声を浴びた一作。全4エピソード、日本初リリース!

予告編

登場人物

  • ニコライ・フセヴォロドヴィチ・スタヴローギン

    優れた容姿に高い知力、体力をもつ人並み外れた才を持つ主人公。虚無主義者であり、「何も」信じてはいない。ピョートルと共に秘密結社を設立し、街を混乱に陥れていく。

  • ピョートル・ステパノヴィチ・ヴェルホーヴェンスキー

    自らを「政治的詐欺師」と呼ぶ、ハンサムな青年。性依存症であり、多くの女性と関係を持ち、スキャンダルを抱えている。 ニコライと共に秘密結社を設立し、革命を画策し、街を混乱に陥れていく。

  • キリーロフ

    建築技師として働いているが、ニコライの影響により、独特の人神思想を持つようになる。シャートフとは親友。

  • シャートフ

    農民の息子として働いていたが、ニコライの影響によって汎スラヴ主義者となる。ピョートルの組織を脱退しようとするが・・・。キリーロフとは親友。

あらすじ

あらすじ

1870年代、ロシアの地方都市。サンクトペテルブルクからこの街に戻ってきた貴族のニコライと自らを「政治的詐欺師」と呼ぶピョートル。ハンサムなこの青年は性依存症を抱え、多くの女性を破滅させ多くのスキャンダルを抱えていた。ピョートルは知的で理性的たが、どこか冷めた男だった。彼は秘密結社を設立し、革命を画策する。やがてこの2人の存在が、平穏だった街を混乱に陥れていく・・・。

解説

『悪霊』とは

フョードル・ドストエフスキーの長編小説であり、無政府主義や社会主義革命、信仰や無神論、ニヒリズムといった思想等、様々なテーマを持った作品。ドストエフスキーの五大小説の一つで、他の作品に『罪と罰』、『白痴』、『未成年』、『カラマーゾフの兄弟』がある。それを大胆かつ、忠実に、圧倒的なクオリティでドストエフスキーの世界をドラマで再現。2015年度の「GOLD ELAGLE AWARD」(金鷲賞)最優秀テレビシリーズ部門を受賞しており、作品の評価の高さを裏付けている。

商品詳細

  • 監督: ウラディーミル・コティネンコ
  • 原作: フョードル・ドストエフスキー
  • 出演: マクシム・マトヴェーエフ アントン・シャギン ナジェンダ・マルキナ マリヤ・シャライェバ ほか
  • 制作年: 2015年
  • 制作国: ロシア作品
  • 収録時間: 計268分
  • 映像: カラー
  • 音声: ロシア語音声(ステレオ)
  • 字幕: 日本語
  • 画面サイズ: 16:9LB
  • 規格: DVD2枚組
  • 品番: IVCF-5773
  • JAN 4933672248172
  • 商品名: ドストエフスキーの悪霊
  • 価格: ¥8,800(税抜)
  • 発売日: 2017年3月31日
  • 発売元: 株式会社アイ・ヴィー・シー
TOPへ
戻る