ロミオとジュリエット

ソ連

1954年

原題:
РОМЕО И ДЖУЛЬЕТТА
ジャンル:
バレエ/ソ連
監督:
レフ・アルンシュターム/レオニード・ラヴロフスキー
原作:
ウィリアム・シェイクスピア
脚本:
レフ・アルンシュターム/レオニード・ラヴロフスキー
撮影:
アレクサンドル・シェレンコフ/チェン・ユ・ラン
音楽:
セルゲイ・プロコフィエフ
キャスト:
ガリーナ・ウラノワ/ユーリー・ジダーノフ/A・エルモラエフ
映像:
モノクロ
音声:
字幕:
日本語
ボリショイ・バレエ栄光の時代を代表したロシアの至宝ガリーナ・ウラーノワが悲恋物語のヒロインを演じる
シェイクスピア悲劇を原作に、プロコフィエフの音楽とラヴロフスキー振付・演出により、ソ連バレエの新たな地平を開いたドラマティック・バレエの名作。
ラヴロフスキーと映画監督レフ・アルンシュタームによって、大掛かりな屋外セットの中で演出されたこのバレエ映画は、カンヌ国際映画祭での受賞をきっかけに世界各国で上映され大反響をよんだ
<作品情報>
1955年カンヌ国際映画祭叙情詩映画賞受賞
パッケージ定価(税込):3990円